宅地建物取引士とは

人生のステップアップの基礎となる資格

宅建はあまりにも有名な資格で、一般的には略語で認識されていますね。
ほとんどの方はご存知だとは思いますが、
ここでは宅建の基礎知識をおさらいしてみましょう。

宅建とは、正式には『宅地建物取引士』の資格のことを言います。
宅地建物取引業法という法律に定められているもので、土地や建物の
取引、仲介などを行う不動産業を営業するためには、
事業所ごとに最低1人、大きな事業所では5人に1人の割合で、
有資格者を置かなければならない
と決められているのです。
なぜこのように定められているのかというと、土地や建物の売買、仲介を行う際に、
宅地建物取引士が買主(または売主)に対し、“重要事項説明”を
行わなければならないと定められているから。
対象となっている土地(建物)に関するあらゆる事項を、宅建士が責任持って
説明しなければ、正式な取引として成立しないのです。
(ちなみにこれは、宅建の有資格者だけに与えられる独占業務です)
となれば、不動産業界に就職や転職を考えているのなら、この資格を取得して
いなければお話にならない、というのはもちろんですが、住宅メーカーなどの
建築関係にお勤めの人や、金融機関で働く人などにも有効な資格と言えるでしょう。
そのほかの企業でも、不動産に関する知識を持っている人材は必要とされています。

さらに、ビジネスに有利なだけではなく、自分自身の不動産売買や
賃貸契約の際など、人生のさまざまな局面で宅建の知識が役に立ちます。
悪徳不動産業者に引っかからない知恵が身に付くというだけでも、
資格を取得する意味があるのではないでしょうか。


宅建取得の先には、さらなる飛躍の人生が待っているのです。