宅建試験の難易度は?

法律系4資格の難易度を比較しよう

さっそく難易度の比較を始めましょう。
これからご紹介する資格は、法律系国家資格の中でも特に人気の高いものを、
宅建を含めて4つピックアップしています。
管理人が実際に受験した資格もありましたので、手元にあったテキストや
受験した感想なども踏まえて難易度を測定しています。
難易度は★の数で表していて、難しいと思われるものほど★の数が多くなっています。最高ランクは5つ星です。

 

★★★★★ (5つ星)

合格には長い受験生活が必要となる
司法書士
司法試験に失敗して流れてくる受験者が多いとかで、
旧司法試験と並ぶほどの難関となっています。
中には10年計画で受験勉強を続けている人もいるとかいないとか…
試験は1次試験が35問の択一問題、2次試験は35問の択一に加えて記述式問題が2問出題されます。
司法試験のような論文試験は課されないので、分析力や論理性よりも、
広く浅い法律知識が必要とされるようです。
合格率は毎年2~3%で、合格に必要な学習時間は4000時間程度といわれています。会社員が仕事をしながら受験するのは難しいので、多くは資格スクールなどを
利用して専業受験生となっているそうです。

 

★★★ (3つ星)

集中すれば、早い人なら1年で取得できるかも!?
社会保険労務士
出題範囲のテキストの量が膨大で、しかも合格の条件として
各科目ごとの足切り点が設けられていることなどから難易度は高めになりました。
苦手科目を作らないように広く浅く学習していけば、早い人なら1年程度で
取得できる人もいます。
合格率は毎年10%以下で、合格に必要な平均学習時間は1000時間程度だと
言われているそうです。

 

★★ (2つ星)

効率的に勉強すれば、1年以下の学習で取得可能!?
行政書士
宅建と同じように、学歴や年齢を問わず誰でも受験できる人気の資格。
2つ星にしましたが、合格率は10%以下とかなり難しい試験です。
例年60%以上の得点とされている、合格基準点さえ満たせば誰でも合格できます。
試験問題は、マークシートの択一問題と40時程度の記述問題が出題されて、
必要な学習時間は600時間前後。会社員が仕事をしながら勉強して取得するのも、
十分可能です。

 

★ (1つ星)

出題ポイントを抑えれば半年でも合格できる!?
宅地建物取引士
不動産業界などではもはや不可欠となっている資格で、
毎年20万人近くが受験するという人気ぶり。
ここ10年の合格率は15~17%で推移しています。
マークシートの択一問題が50問出題され、例年70%の得点が
合格ラインとなっています。
合格のための平均学習時間は300時間前後と言われているそうです。